カメラモジュール

TC2102 (H-195)

アラウンドビュー向け
製品ラインナップ

商品紹介

外観と機構設計は、車両関連の安全規制に準拠しています。

 

195°(H)超広角で死角をなくし、車両周辺の鮮明な画像を撮影し、より安心な安全運転をご提供します。

 

National Television System Committee (NTCS)

 

国際保護等級認証IP68 / IP69防塵・防水クラス。

商品応用

4つの広角レンズを360°サラウンドビューモニターとして、車体に搭載し、4つの広角レンズで撮影した画像をつなぎ合わせた仮想視点で画像縫合します。この画像縫合にて、ドライバーにパノラマビューの死角のない運転体験をご提供します。

 

360°パノラマビューのアラウンドビューモニターでは、2D鳥瞰図、3D立体図、車両バック時の撮影機能を組み合わせ、ドライバーが狭い路地や山道を走行時に、画像から周囲の環境を把握し、安全性の向上を高めます。

 

左右前後の4面画像の組み合わせ、360°全方位の視覚で、車両前方で発生した事故記録だけはなく、車両の側面と後方の撮影画像も記録ができます。

 

デュアルビュー分割画面とマルチビュー画面を自由に切替を。車両信号と接続した後に、車両の方向転換や後進時に合わせ、撮影角度を切替を行うので、ドライバーは車両周辺の状況をより完全に把握することができます。

 

3D車体モデルを使用し、実際の車の位置をシミュレートします。ドライバーが自らの位置と周囲物体との方向と距離などの位置関係が一目で把握できます。

 

交通事故の原因の多くは、「車両の前方状況への注意不足」、「交通ルールに沿わず、道を譲らない」、「車線変更や方向転換」などが原因で、事故が発生しています。
 国土交通省の自動車局のデータによると、衝突事故では「追突」が全体の60%、「側面衝突」が全体の20%、「正面衝突」が全体の10%しか占めておらず、360°サラウンドビューモニターでドライバーの死角を減らすことにより、事故のリスクを軽減します。

交通事故だけでなく、死角で子供が誤って事故に巻き込まれる悲惨なケースもあり、360度アラウンドビューモニターで車両周辺に子供がいないことを確認できれば、このような事故を大幅に削減できます。

 

以前は設置作業に1〜2日要していたところを、チャートを使用で画像位置と画像合成を行い、作業時間を半日から1日に短縮でき、設置時間がを大幅に減ります。

商品規格

影像視覚 200°(D) , 195°(H) , 130°(V)
絞り値(F値) 1.8
レンズ構造 2G+5P+1IR
Sensor仕様 OmniVision, 1/3.7" VGA CMOS
ダイナミックレンジ 120dB
画像解像度 D1
フレームレート 30fps
出力フォーマット NTSC
入力電圧 12V
消費電力 720mW(12V/60mA)
サイズ 23X23X29.53mm(with out support)
動作温度 -30°C~85°C
保管温度 -40℃~85℃
リスト戻る
關閉

当ウェブサイトをより快適にご利用頂くため、Microsoft Edge、Google Chrome、Safari、Firefoxのブラウザ環境でのご利用を推奨致します。

製品のお問い合わせ 製品のお問い合わせ
製品のお問い合わせ